ブログ

金沢が大好きだから、
金沢が大好きな人に
伝えたい。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 理事長日記
  4. もくれんの会が発会しました。金城先生有難うございました。

もくれんの会が発会しました。金城先生有難うございました。

琉球大学の金城先生の「よりよく豊かに生きるためのグリーフワーク〜続いていくものに目を向けて〜」というお話を私にとってのグリーフワークの場でもある元ちゃんハウスで主人を感じながら、会の仲間や来訪者の皆さんと一緒にお聞き出来て感激でした。もくれんの会の名前の由来になった作品の作家の山本基さんも来てくださいました。6月に先生の話を聞いた時は西村詠子個人としてでした。そして今日は個人としてだけではなく、がんとむきあう会の理事長として、今後グリーフケアを進めて行く立場の者としても聴いていることに気づきました。私のグリーフワークは順調にすすんでいるのかもしれません。それが何故かが先生のお話の中に答えがありました。私は元ちゃんハウスで主人を感じて、共に居るんです。文句も沢山言い、尋ね、報告しているんです。主人を亡くした悲しみを話す→離す→放すという作業を毎日実行してきたんです。仲間と悲しみを共有してもらい、ナラティブの作業ができているんです。人生は選択の連続であるとー選択する余地なくこの立場になったと思っていましたが、ここにいる、辞めないで続けている、私なりに頑張ろうと思っている!ー私は選択している事に気づきました。主人との新たな関係を再構築し、がん患者支援という共通の目標をもって、これからは私の終活ー私の言葉で大切な人へ伝えていこうと思います。毎日を大切に生きようと思います。金城先生が今日来てくださったのも、主人が私に「今一度、僕のメッセージを受け止めて欲しい、言わないとわからないやろ!」との指図だったのかもしれません。このような、人それぞれの故人からのメッセージをまた、次回以降のもくれんの会で語り合っていこうと思います。金城先生ありがとうございました。ご縁に心よりお祈り申し上げます。

関連記事

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
元ちゃんハウス運営基金
元ちゃんハウスの見学